page top

英語翻訳のプロフェッショナルをめざす、翻訳センターアカデミー 英語技術翻訳者養成通信講座

Honyaku Center Academy

英語技術翻訳通信講座に関するお問合せは TEL.06-6282-5005 まで

01.医薬翻訳の勉強をするきっかけは何ですか?
昔から病気や薬に興味があり、関連分野の本を読むのが好きだったことから、翻訳に挑戦するなら医薬と決めていました。
02.この講座を選んだ理由は何ですか?
地方在住者にとって通学で学ぶことは物理的に難しく、また、通信教育を行なっている学校を訪問して比較することもままならないのが実情です。そこで、業界最大手の竃|訳センターの付属機関である翻訳センターアカデミーなら信頼度が高いと考え、受講を決めました。さらに、講座の内容が実践的であるということと、添削回数が多いのに受講料がリーズナブルなことも翻訳センターアカデミーを選んだ理由です。
03.実践した学習法はありますか?
通信教育受講期間は、毎回実際の仕事を受注したと考え、1課、1課、真剣に取り組みました。返却された添削答案はじっくりと復習し、次の添削課題に反映できるようにしました。通信の課題に取り組む以外は、ネットで論文の抄録を拾って読んだり、専門書を読んだりして知識の構築・情報収集に努めました。
04.この講座を受講してよかったこと、また効果を実感したことは何ですか?
翻訳者にとって重要である‘調べること’の大切さを教えていただけたこと、そして、セミナーでプロの翻訳者の講義を受講することができ、‘勉強’とは違う‘仕事’としての翻訳を教えていただけたことは大変有意義でした。遠方からの参加は大変でしたが、私のような文系出身者にとって大変価値のあるものでした。また、スタッフの方も大変親切で、色々なアドバイスをして下さいました。講座を通して、自分が頑張り続ければモノになるという手ごたえを得ることができたのは大きな収穫でした。
05.講座修了後はどのように仕事に携わっておられますか?
講座修了直後は、まだお仕事をいただけるレベルではありませんでしたが、あきらめることなく、地道な努力を続けました。数年後には、在宅校正者として仕事をさせていただき、現在は、竃|訳センターからの派遣翻訳者として働かせていただいています。
06.技術翻訳の魅力とは?
医薬にこだわっていた時期もありましたが、今では技術翻訳全般に面白さを感じています。読み手がどういった人で、どう表現すれば、より読者に伝わるのかを考えながら、言葉を捜すのはとても面白い作業です。さらに、今まで知らなかった様々な知識を得ることが出来るのも、翻訳を生業とする者の醍醐味だと思います。大変なこともありますが、好奇心を満たすにはとてもよい仕事だと思います。
07.これから受講される方へアドバイスがありましたらお願いします。
技術翻訳という仕事は想像していた以上に大変ですが、その分、面白くやりがいがある仕事です。継続すれば、私のような翻訳初心者でも翻訳者になれる可能性がある開かれた世界です。学び続けるという気持ちを忘れず、諦めずに努力を続けることができれば、必ず翻訳者になれます。頑張って下さい!